« 東北地方太平洋沖地震に際して。 | トップページ | 我国の今後の電力政策に関しての提案。 »

2011年3月17日 (木)

今すぐに全原発を停止せよ。

政府、東京電力以下全国の配電会社及び悪徳電力ペンタゴンの一派(政財官報電)に物申す。

東北地方太平洋沖地震による福島原発事故を受けて、全国の原発を全て停止し、安全点検を行うことが公共電力を預かる企業の責務であり、それを指導するのが政府の国家、国民に対する責務である。ところがこの期に及んで与謝野馨なる、選挙民の意を無視した死に損ないの本来なら資格なし議員は原発は必要とのたまった。このことは悪徳電力ペンタゴンは未だに、国土、国民の生命を犠牲にしてまで飽くなき醜い私欲にひた走る、との宣戦布告と我ら国民は受けとるべきであり、断じて看過できない事実である。また、事実を隠蔽、情報を小出しにして放射能汚染の情報を過小に歪曲し、あるべき避難誘導をしない政府は人殺しである。それを指摘もしないメディアは単なる悪徳権力の広報屋でしかない。海外政府は、既に自国民に避難を勧告している。

当「権力とマスコミの横暴を正し、人権を守る国民の会」は我らの総力を挙げて、彼ら悪徳電力ペンタゴンのこの壊国政策、同胞への裏切りを断固として糾弾する。

戦時中の大本営発表よろしく真実を隠蔽し、国民を混乱と不安におとしいれる事で、国難、救国の美名により裏切り政策を行わんとする売国政権関係者、それと一体の似非報道陣たる記者クラブマスメディアに対して徹底的に抗議するものである。


尚、この国難に於ける最優先されるべきは 被災者、被災地の救援と復興、原発事故による放射能汚染の被害拡大を防ぐことであることを鑑み、具体的実際行動に関しては時期を勘案、発表し賛同を得たいと考える。

憂国と志の各国民に於かれては、くれぐれも家族、地域のコミュニティを優先した上で可能な範囲での被災者、被災地域救援に、復興にご助力を賜わりながら権力とマスコミのこの非道なる横暴に常なる監視をお願いしたい。

代表
矢野健一郎

« 東北地方太平洋沖地震に際して。 | トップページ | 我国の今後の電力政策に関しての提案。 »

コメント

朝日ニュースター 3/17(木)「福島原発事故 メディア報道のあり方」で広瀬隆氏が真実を述べています。日本全国が汚染される可能性が高いのです。今の政府、官僚、財界、マスコミは原発の事実を何も知らないのです。偏差値人間とはそういうものです。特に、重大なのはマスコミが真実を伝えないことであり、この点についてすでに、我々庶民は完全に察知しています。日本国民全てが放射能汚染される可能性があるのです。そして、野菜や穀物の汚染に直接つながります。食糧危機となるのです。このような創造力が今の日本の支配者には全く理解できず、金亡者(餓鬼)となっています。自分達も汚染され被害をこうむる一蓮托生であることが全く理解できていないのです。国家危機において、このような国jがあったでしょうか。原子力という悪魔なのです。鎮火、消化、復興などという短期の見通しが立たない環境、人間に貼り付いて離れない悪魔が相手なのです。日本がこのまま存続するにしても、このまま推移すれば他国の支配をうけざるを得ない状況となることを非常に心配します。

我々日本国民に今の今まで危険な原子力発電所を押し付けてきた今までの自民党と中央官僚に対する抗議として、我々選挙民は今後東京都知事選挙を初めとする全ての選挙で日本共産党に投票するしかない!
沖縄の米兵は20年前の湾岸戦争でイラクの地に劣化ウラン弾をばら撒いてきたくせに今回の福島の原発からの放射能にビビッているくらいなら沖縄から基地を引き上げろ!

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428163/39258607

この記事へのトラックバック一覧です: 今すぐに全原発を停止せよ。:

« 東北地方太平洋沖地震に際して。 | トップページ | 我国の今後の電力政策に関しての提案。 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31