« 前回 10・24 検察、検審を糾弾するデモの様子 | トップページ | 弊団体の設立趣旨 »

2010年11月 1日 (月)

November 5 Second Demonstration Against Prosecutors and Committees for the Inquest of Prosecution (OCIP)

This Friday the 5th November, we are going to have second Demonstration Against Prosecutors and Committees for the Inquest of Prosecution (OCIP) which made false charge and now human right is severely infringed. Citizens of Japan can not stand on this situation anymore, so last time on October 24 in Ginza district of Tokyo, more than 1000people gathered by calling on Internet,Twitter and blogs had massive demonstration from Mizutani Park in Ginza to Hibiya Park. It is also the topic among internet users and information conscious people that mas media bias gives citizens wrong messages that  has politically intention for ruling silent sheep not to awake and recognize truth and false on any kind of matter which involves this country.

Demonstration will start from 18:45 , Meiji Park near Sendagaya staation Jr line.

« 前回 10・24 検察、検審を糾弾するデモの様子 | トップページ | 弊団体の設立趣旨 »

コメント

なんで英語

外国メディア向けの発信でしょう。

私も英語は解りません。できれは重複しても日本語をつけていただければ外国メディアに何を訴えられたか主催者の気持ちが解るのですが。

それも、知りたい。

「抵抗する国民会議」の趣旨に賛成です。

ところでデモに参加出来ない人に対して、チラシの原稿を作っていただけませんか。

各自が自分のパソコンで印刷できるように、A4サイズで、経済を考えたら白黒でいいです。
検察の酷さやマスコミのねつ造を、一目で理解できるような、
少しアジテーションぽく、くどくなく。。。。。

B層の人でも、なんとなく最近のマスコミはおかしいと感じていると思います。
その方たちの感性に訴えるような。。。。。
出来たらプロの手が入っていれば、的確でしょう。

そう出来たら、パソコンで印刷して、夜でも近所にポスティングできます。
大金を使わなくても、自分の健康のためにも
民主主義を守る事に参加できます。

ご一考ください。

民主主義の危機を憂慮する一般市民の会さん、

新党一人さんの提案、是非実現してください。

各自が考えるチラシよりも、あなた方が発行する同じ文面のチラシを全国に流す方が説得力があります。
このブログで発表していただくと、みんながコピーできます。

ネット時代にふさわしい方法ではありませんか。

素朴な疑問ですが、なぜ、お昼でなく、夜、こそこそやるのか理解に時間を要します。

この次は、官邸か、国会議事堂へ向け、1万人程度のデモが望まれる。
インパクトが必要です。

粛々と、聖者の行進を行なうということを原則に、首都圏は、10万人規模まで
高めていきたいものです。

あたらしい日本のデモクラシー、自立の行進を是非、実現させたい。

阿修羅掲示板からの転載です。

08. 2010年11月01日 23:36:04: lmmom2TeHE

デモ開催の主催者の方へのお願いです。
全国から東京でのデモに参加したいと思っていらっしゃる方はたくさんおられると思います。
まだまだ立ち上げたばかりのデモ行動ですから、全国に広まるまでは東京開催しかないと思っております。
そこでお願いですが、デモの日時は出来るだけ早く、そして次回からは遠方の人たちも参加できるように昼間のデモにしてくださるようにお願い致します。
今回の目的は仕事帰りのサラリーマンを対象にしたとの主旨なので、それはそれで全く構いませんが。
何しろ東京へは飛行機で行くしか手段がないものですから、航空機の手配や、宿泊の手配など準備が必要なもので、全国対象ではないかも知れませんが、よろしくお願い致します。私も参加したい・・のです。

大阪でのデモを計画されている方から連絡が入りました。


日時: 2010/11/01 23:35
名前: 石原宏三 ID:achJnmOY
参照: http://www.kyudan.com/cgi-bin/koe/read.cgi?no=4


投稿した石原です。

明日11/2、電話または直接出向き、警察にデモ概要の相談予定です。
そのため、現状何も決まっていません。

また、デモ行進場所も悩んでいますが、
人通りの多いところを考えています。
ただ、良い案があればよいのですが?


また、返信などの方法も良く分かりません。(阿修羅への投稿もですが)
URLの記載が良く分かりませんので、上記のようにしました。
また、デモが決まればいろいろ教えてください。

以上


こちらのブログを紹介しておきましたので、相談があれば乗ってあげてください。
大阪ののデモには私は、それが数十人であろうとも参加します。
出来ればネットで情報拡散に勤めたいと思っています。
いろいろと御支援のほど御願いします。
私への連絡は下記のサイトへ御願いします。

http://www.kyudan.com/cgi-bin/koe/read.cgi?no=4

当ブログのメールが送信できませんでした。
通信が可能になれば、こちらのメール番号を御知らせします。


「民主主義の危機を憂慮する一般市民の会」のみなさん、11/5(金)のデモに向け、お忙しい中、いろいろと準備等をされていると思います。本当にお疲れ様です。

デモ開催情報の阿修羅掲示板等への拡散は、天橋立の愚痴人間さんが中心にされており、
大変頑張られていると思います。ただ可能であれば、このサイトにいろいろなアイデアや意見、
要望などを皆が”テーマ毎”に投稿できるような形の”掲示板”を設けていただければ、あとは
ツイッターやブログ、阿修羅、その他からここへのリンクをタイトルと共に貼るだけでよいので
便利かと思いますが、実現は難しいでしょうか?

あと上記、一般市民の会メンバーにおいてデモの日程、目的、場所やビラの内容などを、
ツイッター、メール、電話などでよく協議されているかと思いますが、もし伝えられる範囲で
構いませんが、そのデモ実施発表までの途中経過(デモ対象・目的、場所、おおまかな日程)や、
ビラの内容案(タイトル、内容構成など)が事前にわかれば、ネットを見てデモ参加を考えている方々も、これらの情報を事前に知り、休暇取得や予定調整をして参加しやすくなると思われますし、どんどん発信し、同時に建設的なアイデアなどを募っていかれてはどうでしょうか?
(批判的なネガティブ投稿、工作員などはフィルターをかけて削除していけばOKです)

少しネガティブな見方をすると、今後のデモは、小沢氏の地位保全署名に見られるような傾向に
なってほしくないので、ネット世論には現状やはり限りがあり、それをB層と言われる方々へ
いかにして広げていくような活動を行っていけるかによって、デモが1万人以上の規模になりえるかのポイントになると思います。そのへんの議論もまた一般市民の会の皆さんだけでなく、広く提案を募っていくべきではないでしょうか?私にもできることがあれば、いくらでも無い知恵を絞りつつ、出させていただきますので。。

安倍晋三や麻生太郎は過去にいったい何をたくらんでいたのだろうか?小沢事案もその一端であり、第1及び第5審査会の連中もその残党どもの仕事と想定するが、今後も、彼らに対して警戒を怠ってはならないと思う。さて、警視庁外事3課のPDFの大半は保存日が5月上旬のゴールデンウイーク中になっており、この時期に印刷した文書などが一斉にPDFに変換されたとみられることが判明したという。安部、麻生を取り巻く高級官僚について当時の報道で気になることがある。私は、ネットに流出したこれらのPDF文書を目にふれたわけではないが、5月と言えば鳩山さんの普天間基地問題で大揺れのころ、連休を利用して、旧政権の残滓が、行った所業に違いないと思う。しかも、このPDF文書、一太郎というかなり古いソフトで(現在はマイクロソフト系やアドビ社系が主流で1)作成されたといい、このソフト操作は50代以上の世代が使ってきたもので、ワープロソフトは当時、役所内で主流として使われてきた。安倍晋三や麻生太郎の残滓をくむ、役人が故意にこれらの資料を流出させたとしても、不思議でない。少し早いが本年の流行語【共謀罪】についてのニュースを下記にあげておく。清和会の警察官僚とそれを取り巻くマスコミの跋扈だけは、御免こうむりたい。与党であれ野党であれ、国家の貞をなしていないことを憂う。
〔略〕共謀罪
新設はもとより刑法全面重罰化・潜入捜査・盗聴拡大・監獄法など治安立法攻撃は更に続く。既に6月8日自民党政務調査会はおとり捜査・潜入捜査、司法取引、盗聴拡大を打ち出している。警備公安畑から警察庁長官に就任した漆間(うるま)は、今春の有事法制制定・警察法改悪を踏まえ「反テロ予防体制」の構築を自らの任務として打ち出している。恐らく元警察庁長官・山田英雄公共政策調査会理事長が6月警察政策学会で打ち上げた、治安対策基本法制定、危険人物の一時拘束、盗聴法改悪、破防法改悪、スパイ罪制定、警察緊急権の有事立法、各種治安機関の警察庁への統合など、有事治安法構想がその内容である。
〔略〕〔安倍晋三が抜擢した〕三谷氏は、警備・公安畑を歩み、外務省や防衛庁に出向経験がある。森喜朗首相の秘書官を務め、政界・官界に顔が広い。
〔略〕談合情報がいくら出ても調べようともしない下関署に疑問が強まっている。安倍事務所は清和会の警察官僚と関係して山口県警の人事にまで影響力をもつといわれており、それに逆らえば警察が動くというのが常識と語られている。商業マスコミも江島、安倍絡みとなると、黙して語らずで、買われていると評価されている。

つたない和訳ですが、この英語の記事の和訳です。参考に。
間違いがあれば、訂正してください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
検察と検察の決定への委員会(検察審査会)に対する11月5日第2回デモ

今週金曜日11月5日に、虚偽の起訴をし、人権を大きく侵害している検察と検察審査会に対する第2回のデモを行います。
日本の市民は、このような状態をこれ以上許すことはできない。前回、10月24日に東京の銀座において、インターネット、ツイッター、ブログなどでの呼びかけに集まった1000人以上の市民が、銀座の水谷橋公園から日比谷公園まで大きなデモを行った。この国に係るいかなる問題について真実と虚偽を知り、目覚めないように、眠れる羊を支配しようとする政治的意図を持つ誤った情報を、偏向したマスメディアが市民に流していることは、インテーネットユーザーと情報覚醒市民の間での課題でもあります。
デモは、JRラインの千駄ヶ谷駅近くの明治公園から18:45にスタートします。

上の投稿で「民主主義の危機を憂慮する一般市民の会」は間違いで、
「権力とマスコミの横暴に抵抗する国民の会」が正しいですね。
大変失礼いたしました。 m(__)m

今後のデモの方向性、具体的なB層の意識改革手段など、国民の会としての
ご意見の発信をお待ちしています。ネットの底力を結集させていきましょう!
Let's go for it!

Nico氏の11/3ツイッター (http://twitter.com/HiroNicoK) より、
新たな海外メディア情報が入りました。

拡散希望!必読Pierre-François Souyriジェノバ大学教授による日本官僚制と小沢氏の戦いの分析!"The Japanese Senior Civil Service or the Power of the Shadows"
(リンク) http://bit.ly/9UbBN8  

上記リンクはイタリアジェノバ大学で、日本史を教えているピエール教授の投稿記事で、小沢氏の選挙キャンペーンの写真や、TBS系ドラマ「官僚の夏」そして10/24東京デモのプラカード写真等と共に、2009秋の政権交代~現在まで政治的に劇的な変化がなく、逆に日本の政治はいったいどうなってしまったのか?という危機的状況などが紹介されています。
(かつての田中角栄氏や小沢氏の強制起訴、マスゴミの偏向報道、検察権力システム、米国・中国との三角関係等も書かれています)

英語学習がてらに、辞書片手に読まれることをお勧めします。
(Nicoさんなどがこの”和訳版”を準備中かもしれませんが。)

ついに海外メディアにも、この日本の官僚、検察、マスコミ主導の、とても民主主義国家とは思えないような政治状況や、それを危惧するネット市民によるデモが行われたことが正当に報道されたかと思うと、非常に嬉しく思います。

また今日の16時から行われた小沢氏のネット生出演を見るにつけ、まだ希望は残されている!と感じました。11/5のデモに向け、いろいろと明るい状況が見えてきたことはすばらしいことですね。
(岩上安身氏のスタッフによる11/5取材中継もあるとのこと!)

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428163/37480394

この記事へのトラックバック一覧です: November 5 Second Demonstration Against Prosecutors and Committees for the Inquest of Prosecution (OCIP):

« 前回 10・24 検察、検審を糾弾するデモの様子 | トップページ | 弊団体の設立趣旨 »

無料ブログはココログ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31