« 次回行動に関して | トップページ | 11・5 第2回検察、検審を糾弾するデモ マスコミの偏向報道は許さない の集合場所、実施時間 »

2010年10月28日 (木)

11・5 マスコミの偏向報道は許さないデモ に関して

11・5 マスコミの偏向報道を許さないデモ は 只今 2ヶ所の候補地で公園事務所に申請しております。どちらかに決まり次第、すぐにお知らせいたします。夜間使用が可能な公園とまだ可、不可か分からない公園がありますので、このような状況です。日程は11月5日の夕方からでフィックスしました。

夜間の行進ですので防寒、帽子や靴などに反射テープを張るなど、少しで良いので車からの視認性の良い服装をお願いします。あまり光りすぎると逆にドライバーが幻惑を起こし危ない、との警視庁のご指摘もあります。

前回と同様にポスターや横断幕、プラカードなどは各自作成して、ご持参ください。蛍光塗料を使用したり、場合によってはクリスマス用などの電飾人間なんて居ても面白いかもしれませんね。

詳細をまた発表します。

« 次回行動に関して | トップページ | 11・5 第2回検察、検審を糾弾するデモ マスコミの偏向報道は許さない の集合場所、実施時間 »

コメント

<国民運動への展開について>

このところ日本一新の会をはじめ小沢氏を支持する様々なグループが日本の将来に対する危機感から、個別、自立的にデモや署名活動、街頭演説などを展開しているようです。これに対し小沢派議員や小沢側近といわれる人は無関心を装っていますが、これはマスコミから小沢が裏で操っていると言われることを警戒しているためでしょう。

しかしどこかの段階で国会議員も参加し、国民運動として展開しなければ、強大な力を持つ国家権力やマスコミと対峙することは難しいでしょう。また国民運動であるからには小沢支持といった次元ではなく、例えば「司法制度の改革」とか「政治資金の透明化」など自民党などの野党議員の有志も参加できるようなテーマが望ましいと思います。

もちろん現在、国会で行われているいい加減な「政治と金」論議ではなく、国会議員が小沢氏の政治資金のように如何に透明性を持てるようにするかとか、また小沢氏が提案している行政(検察)裁量範囲の大きい「選挙制度」や「政治資金規正法」の見直し、検察審査会制度の見直しなどを目的とするのが良いのではないかと思います。

そのためには多数の国民とともに、様々な分野の専門家やメディアも交えた、かなりしっかりした組織化が必要ではないでしょうか。また組織ができれば国会議員も参加できる体制が整うでしょう。そこでまず今回のデモに参加した方々や国民運動に参加したい方々を数千人規模で組織化しては如何でしょうか。

さらに郷原氏や二見氏、平野氏、宮崎氏、佐藤優氏、三井氏、田中氏、メディア関係では上杉氏や高野氏、山口氏ら発信力のある方に役員になっていただく。また檀事務局長を中心に事務局員には専門能力(会計、マーケティング、戦略、法律など)を保有する定年退職者にボランティアで参加いただくのは如何でしょうか。

ところで11.5にも2回目のデモが計画されているようですが、もし以上のような国民運動をお考えであれば、デモ参加者に国民運動への参加を呼びかけるとともに、参加希望者の氏名や連絡先の名簿を作れるといいと思いますが如何でしょうか。運動を持続的に発展していただくためにも是非、ご検討をいただければ幸いです。

デモに向けての準備ありがとうございます。
前回は行けなかったので今回はぜひ行きたいと思っています。
ただ私も日曜の昼のほうが行きやすいと考えているほうなので、
どんな理由でも構わないのですがなぜ夜間なのか説明していただけるとありがたいです。それで安心できます。

 前回に引き続きまた北海道から馳せ参じます。
 デモの手配お疲れ様です、そしてありがとうございます。
 北海道でもデモやりたいですね。

 しかし菅政権は唐突にTPP参加だの、思いやり予算削減しないだの、実質後期高齢者医療制度の残存だのと、完全に昨年の政権交代を裏切り、小泉・竹中路線=隷米路線を進めています、次は郵政民営化と法人税減税と消費税増税、日経連とアメリカが高笑いしています。

 このために邪魔者小沢を引っ掛けてるのでしょう。

 売国奴共を絶対許せない!!

事務局のかた、いろいろ準備ありがとうございます。

反射テープなどは、自転車用など100均で手に入ると思います。
ちょうちんも、100均であるかと思います。
LEDランタンみたいな懐中電灯でもOKかと思います。

会場費とか、いろいろ準備で、費用が発生していると思いますが、
時間の制約はあるかもしれませんが、会場でカンパを募るのはどうでしょうか?

今回も、ぜったい参加します。

がんばりましょう!!

上の方でどなたかがおっしゃっているように、政治家や著名人も参加してくれると、メディアも報道せざるを得なくなるのでは。ネットとデモだけでは、情報拡散が限られます。私も、Twitterなどで督促してみます。
また、行進の前後に、誰かが(著名人でなくてもいい)ちょっとした演説をしてくれると、みんなの士気も上がると思います。出発点と終点が公園なら、丁度いいのでは?

11月5日は、営業日なので、たぶん参加できないのですが、ライブかビデオで応援します!

>政治家や著名人も参加してくれると・・・

協力をしてくれる方もいるのではないでしょうか。

主催者ばかりではなく、誰か話していただける方がおいででしたら、御願いしていただきたいものです。

全国に展開するためにも、シンボルが必要でしょう。

政治資金の透明化を言うのであれば、小沢氏が絡んでいる組織対策費の使途を明らかにすべきです。新進党時代の時から100億円余りのお金が使われていると言われています。小沢氏も権力の側にいたこともあったのですから、説明責任があると思います。

なんか内容を難しくしているようが気がします。ブログのタイトルもそうです。
単純に「小沢支援デモ」、これだけでいいのじゃないでしょうか。
一般市民だけのデモでいいのです。10.24デモで乳母車を押したお母さんが映ってましたが、これでいいのです。
多くの国民は小沢さんの起訴はオカシイと思ってるわけですから、それに対しての抗議デモです。
これを中心に検察やマスコミを批判してゆく。でなきゃ何をしたいのかボケてしまうし、一般市民の参加者は敬遠してしまいます。
10.24のスタイルでやりましょう。物事を大袈裟にして文言に凝る必要はないと思います。

マスコミの横暴に対しては、まずもって、多くの国民がNHKの受信料不払いを行うことが大切だと思います。
NHKは、公共放送と自称し、ときには良い番組も作るので、多くの人々が信用し、人々は肝心なところでNHKに騙されます。
マスコミの中で最も危険なNHKですが、倒すことは意外に簡単なような気がします。
誰でも、いつでも始められるマスコミ対策は、NHKの受信料不払いだと思います。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1428163/37431140

この記事へのトラックバック一覧です: 11・5 マスコミの偏向報道は許さないデモ に関して:

« 次回行動に関して | トップページ | 11・5 第2回検察、検審を糾弾するデモ マスコミの偏向報道は許さない の集合場所、実施時間 »

無料ブログはココログ
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31